ishidazaka.net
Yui Racing School Yui Racing School
2004年09月25日/オーバルスクール富士


2002年6月18日に筑波ドライビングワークショップに参加した後、諸々の事情によりサーキット走行はすっかり御無沙汰になっていました。

やっと身辺が落ち着いてきたところで、YRSへの参加を決意しました。今回はオーバルスクール富士です。
2004年09月25日/オーバルスクール富士



スノータウンyeti  というスキー場の駐車場を使用します。

東名高速御殿場インターを降りて、陸上自衛隊東富士演習場を横目に見ながら富士山スカイラインを走行し、南富士エバーグリーンラインに入って暫く走ると左手に見えてきます。

集合は午後4時30分、走行開始は午後6時、走行終了は午後11時です。
2004年09月25日/オーバルスクール富士



オーバルとは直訳すると「楕円」です。サーキットに比べて一見単純そうに見えますが、とんでもありません。速く走るには相当丁寧な運転が強いられます。

この単純な円の中に加速→減速→旋回→加速→・・・という、速く走るのに必要な技術が凝縮されています。走ってみればわかります。
2004年09月25日/オーバルスクール富士



さらにここのコースは高低差が結構あるので、上りコーナーと下りコーナーで攻め方を変えなければなりません。

にも拘らず、上りコーナーでは減速しすぎ下りコーナーでは速度を上げ過ぎてどアンダーという、ちぐはぐな運転を繰り返してしまいました。(^^ゞ
2004年09月25日/オーバルスクール富士



走行中はFMラジオを通してインストラクターの方からリアルタイムでアドバイスを貰えます。私は、ブレーキングにメリハリが無いのと上りコーナーで失速しすぎる点を注意されました。

またインストラクターの方が自車を運転してくれたり、助手席に乗って指導してくれたりもします。インストラクターの方とお喋りしながら走行すると、気が紛れる→緊張しない→速く走れるという法則を発見しました。同乗走行はこれからも続けて欲しいです。

因みにナイター照明と自車のヘッドライトのおかげで、夜が更けてもパイロンが見え辛いという事はありませんでした。
2004年09月25日/オーバルスクール富士



終わってみれば、あっと言う間の5時間でした。終了は夜11時です。眠い中、家路に就きました。帰りの富士山スカイラインは照明が全く無いので超安全運転で走行しました。
2004年09月25日/オーバルスクール富士


このページの先頭に戻る このページの先頭に戻る


サイトの先頭に戻る サイトの先頭に戻る