ishidazaka.net
mr2DoItYourSelf
CDチェンジャー ニーパッド 吸気温度計 電圧計 ブースト計
タコメーター スピードモニター 水温計 オイル交換
吸気温度計 エンジンの吸気温度を知りたいと思った事ありません?
・・・・・
ないですか、そーですか。

今では懐かしいゲインズ(Cyberdyne)のデジタル水温計(DM-04)が手元に余っています。

このデジタルメーターは測定値が-30℃~180℃と広範囲なので、これを吸気温度計として活用しようと思います。
吸気温度計 ケーブルを通す場所を探します。

※内装の外し方はこちら

室内からエンジンルームには数本のケーブルが既に通っています。
吸気温度計 そこを捲ると・・・あらっ、ここにケーブルを通せと言わんばかりの穴が空いています。しかもまだ隙間があります。

ここにケーブルを通す事にします。
吸気温度計 エンジンルーム内の遮熱板の2箇所のナットを外します。
吸気温度計 クロスバーの4箇所のボルトとナットを外し、クロスバーを外します。
吸気温度計 室内からケーブルを通します。
吸気温度計 エンジンルーム側から、遮熱板を手前に倒しつつケーブルを吊り上げます。
吸気温度計 タービン及びエキゾーストのすぐ裏を通過するので、用心して断熱材を使用しました。
吸気温度計 使用したのはThermo-Tec のサーモスリーブ(6.4~12.7φ)という商品です。

耐熱温度1200℃です。
吸気温度計 エアクリーナーを外します。
吸気温度計 水温センサーをタイラップで てきとーな場所に固定します。
吸気温度計 エアクリーナーを元に戻します。

これでは吸気温度計というより単なるエンジンルーム温度計ですが、まっお遊びという事で。
吸気温度計 さて今度は室内配線です。

エアコンパネルの下にケーブルを通します。
吸気温度計 2つのイグニッションオン電源(メーター・水温センサー)を、ヒューズボックスの「20A ワイパ」からY型接続端子を使用して分岐しました。

※ヒューズ電源の取り付け方法はこちら
吸気温度計 アースは、エーモン のアース端子を利用して、CDチェンジャーと同じ場所(カーステレオの右横にある鉄板)から取りました。
吸気温度計 パソコンケース内の温度表示モニターを見ているようで結構楽しいです。

エンジン始動直後は外気温と同じです。その後徐々に温度が上昇し信号待ちや渋滞で一旦温度が上昇すると、その後走り出してもなかなか温度が下がってくれません。あとはこの繰り返しで、外気温30℃時に最高55℃まで上がりました。
吸気温度計 別に気にする事ではないのでしょうが、温度表示を目の当たりにしてしまうと気になってしょうがありません。

そこで気休めにJURAN のエアダクトホース75φを購入しました。
吸気温度計 これを助手席側のエアインレット内に装着しました。
吸気温度計 エアクリーナー側から見るとこんな感じです。

効果のほどは、温度が若干上がり難くなって、若干下がり易くなったような気がします。何もしないよりはましといったところでした。

このページの先頭に戻る このページの先頭に戻る


サイトの先頭に戻る サイトの先頭に戻る