ishidazaka.net
supraDoItYourSelf
カーオーディオ ステアリング ニーパッド CDチェンジャー シガーソケット
メーターホルダー 電圧計 水温計 ブースト計 オイル交換
ウインカーレバー
水温計 純正の水温計があてにならないので、いつかは社外品の水温計を付けたいと思っている人も多いはず。(多くねーよ)

RX-7で使用していた大森メーター:φ52電子式水温計(EH-112-BZ)を取り付けました。
水温計 ケーブルを通した場所は、ワイパーモーター下付近のECUハーネスが通っている部分です。
水温計 ケーブルを通す為に、助手席のグローブボックスを外します。

グローブボックス下にある3つのネジを外します。
水温計 ネジを外すと、カバーが外れます。
水温計 さらに、グローブボックスを固定している2つのネジを外して、グローブボックスを丸ごと外します。
水温計 さらに、5つのネジを外します。

ここまでくると、どのネジがどの箇所のものなのか混乱してきます。
水温計 カバーが外れました。

因みに、上方左側にある金属の箱がABSコンピューター、右側にあるのがエンジンコンピューターです。
水温計 ECUハーネスが通っている部分のゴムに穴を開けて、ケーブルを通します。
水温計 上図の拡大です。穴を開ける際は、ECUハ-ネスを傷つけないよう充分気をつけましょう。
水温計 室内側から見ると、この位置になります。
水温計 ラジエーターキャップを外し、クーラントを給油ポンプで抜けるだけ抜きます。
水温計 ラジエーターアッパーホースの下に新聞紙を敷いて、ホースを上半分だけ切断します。
水温計 ホースの中を覗くと、クーラントが結構残っているのが確認できます。
水温計 そこで切断した箇所に給油ポンプを突っ込んで、さらにクーラントを抜きます。

1JZの場合ホースの真下にファンベルトが有りますので、極力クーラントを垂らしたくないところです。
水温計 結局これだけの量が抜けました。このペットボトルは1リットル容器(キッコーマン醤油)ですので、600ccほどだと思います。
水温計 ラジエーターアッパーホースを完全に切断し、水温計ホースジョイントを差し込む為の切れ込みを入れます。
水温計 使用した水温計ホースジョイントは、大森メーター:P-172(橙色)です。

外径:34φ
内径:29φ
センサー取付部:M16 P=1.5
水温計 ラジエーターアッパーホースに、水温計ホースジョイントを奥までしっかり差し込み、ホースバンドで固定します。
水温計 念の為、センサーのネジ部にシールテープを巻きました。
水温計 センサーを締め付けます。
水温計 クーラントを元に戻したら、エンジンルーム内の作業は完了です。
水温計 電源は、シガーソケットの配線から分岐しました。


プラス電源 → シガーソケットの赤線

イルミ電源 → シガーソケットの緑線

アース    → シガーソケットの白線


この箇所は既に他の電源にも分岐していますので、千手観音様を彷彿させる様相になってしまいました。
水温計 エンジンをかけて水温上昇後、ラジエーターアッパーホースから水漏れが無い事を確認できたら作業完了です。

正確な水温を把握したいのであれば、社外品の水温計を付けるしかないでしょう。暖気運転時にも役立ちます。

このページの先頭に戻る このページの先頭に戻る


サイトの先頭に戻る サイトの先頭に戻る